あなたの気持ちを文字にして、形にしましょう!!遺言書作成の専門家である行政書士たちが、全力でお手伝い致します。


by yuigonsho

遺言書を作る目的~パート3~つづき2

「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。


さあ、さっそく「みんなの遺言書作成・書き方教室」第10回目、「遺言書を作る目的~パート3~つづき2」についてお話していきましょう!!


前回からの続きで、今回のテーマは、「遺言書を作ることが、なぜ1番いい手段なのか?」です。


みなさん、なぜだと思いますか!?


当教室が、そう話す理由は2つあります。


1つ目の理由は、作成する人自身が、自分の気持ち、思いを文字にして書き出すことで、


ご自身が、「誰に」、「何を」、「1番伝えたい」のか、改めて整理することができ、


また、それらをきちんと伝えもれすることなくその人に伝えることができるからです!


2つ目の理由は、きちんと書面にするため、形として残せるということです!!


口頭で伝えるだけでなく、手元に形としてあるということは、やはりいろんな意味で大きいのではないでしょうか?


それに、遺言書は作成された方のお気持ち等を書いたものであり、残された人たちが困らないようにするためのものでもありますが、


相続手続等が終わったからといって、意味がなくなるものではありません!!


その後も、作成された方のお気持ちが書かれたもの、家族へ思い、大切な人へメッセージが書かれたものとして、ずっと大切なものとなっていくのです。


遺言書が代々受け継がれ、大切に保管されている・・・素敵な家族、絆だと思いませんか!?


次回は、「遺言書を作る目的~パート3~完結編」についてお話したいと思います。


GWがまもなく終わりますが、疲れが出て体調を崩す方が増えているようです・・・


みなさんも、気をつけてくださいね♪


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-05-04 23:33 | 遺言書マメ知識