あなたの気持ちを文字にして、形にしましょう!!遺言書作成の専門家である行政書士たちが、全力でお手伝い致します。


by yuigonsho

自筆証書遺言とは?

「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。


「みんなの遺言書作成・書き方教室」第13回目のはじまりです!!


今日は、前回のつづきで、「自筆証書遺言」についていろいろお話していきたいと思います。


この自筆証書遺言、「自筆」というくらいですから、作成される方が、ご自分で、


遺言書の内容となる全文、日付、氏名を書かなくてはなりません!


これらを、きちんと書かないと遺言書自体が「無効」となってしまうのです。


例えば、日付を「〇月吉日」と書いてあった場合、これは有効とはなりません・・・。


では、自筆証書遺言が、他の遺言書を比べてどういったメリット・デメリットがあるのかですが、


<メリット>

①誰にでも簡単に作成することができる。

②特に費用も掛からず、紙とペンと印鑑があれば作成できる。


<デメリット>

①紛失してしまう可能性がある。

②内容を改ざんされるおそれがある。

③方式に不備があった場合、無効となってしまう。


このようなことが挙げられます。


次回は、遺言書作成に関するひと言メモをお話したいと思います。


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-05-12 02:12 | 遺言書マメ知識