あなたの気持ちを文字にして、形にしましょう!!遺言書作成の専門家である行政書士たちが、全力でお手伝い致します。


by yuigonsho

遺言書を見つけたら、どうするの?

「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。


前回から少しお時間が空いてしまい、すみませんでした^^;


さあ、気を取り直して、「みんなの遺言書作成・書き方教室」第33回目、「遺言書を見つけたら、どうするの?」についてお話していきます。


前回、遺言書を見つけた場合、勝手に開けてはダメで、


家庭裁判所に検認申立てをしなけれべならないというお話をしましたが、今日は、その続きです!


この検認申立てがあると、家庭裁判所はどのような手続を行うのでしょうか!?


家庭裁判所は、遺言書の用紙や実際に使用したペン、


書かれている内容、記されている期日、作成人の署名、捺印等の実情を検証して、


これらの結果を調書に記載していきます。


こう聞くとなんだかすごいことの様な気がするかもしれませんが、


証拠保全の一環だと思って頂けるといいかと思います。


次回は、これらに関係するひと言メモをお話したい思います!!


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-07-30 10:30 | 遺言書マメ知識