あなたの気持ちを文字にして、形にしましょう!!遺言書作成の専門家である行政書士たちが、全力でお手伝い致します。


by yuigonsho

遺言書がいくつも出てきたら、どうするの?

「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。


いやー暑い・・・


毎日、本当にグッタリする様な暑さが続いていますが、お盆はいかがでしたか?


当教室は、休みではなかったため、事務所にて調べ物や仕事に追われていました。


さあ、「みんなの遺言書作成・書き方教室」第35回目、「遺言書がいくつも出てきたら、どうするの?」についてお話していきます。


大切な方が亡くなられて、悲しくて気持ちが落ち込んでいるとき、遺言書を残しておいてくれたので、


揉めることはなく、スムーズにいろいろな手続ができるかなって思っていた矢先、


その方が残した遺言書が2通、3通と出てきたら、どうしたらいいのでしょうか!?


もう少しちがう言い方をすれば、いったいどの遺言書に遵ったらいいのでしょうか?


どの遺言書が法的に1番優先となるのでしょうか!?


みなさんも、少し考えてみてください!!


・・・。・・・。


正解は、何通もある遺言書の中で、原則、遺言書に記載されている日付が1番新しいものが、


他の遺言書よりも優先させることとなります。


では、この原則とはどういうことでしょうか?


そう、原則がということは、例外もあるということです!!


次回は、そのあたりを少しお話していきたいと思います。


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-08-17 17:01 | 遺言書マメ知識