あなたの気持ちを文字にして、形にしましょう!!遺言書作成の専門家である行政書士たちが、全力でお手伝い致します。


by yuigonsho

カテゴリ:遺言書マメ知識( 39 )

「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます。


みなさん、GWで渋滞に巻き込まれたりしていませんか!?


さっそく、「みんなの遺言書作成・書き方教室」第9回目、「遺言書を作る目的~パート3~つづき」です。


前回、自分(作成される方)の気持ち、思いを、きちんと遺言書に記載しておくことは、


自分だけでなく、残された人たちにとっても、とても意味を持つものとなるし、1番いい手段だという様なお話をしました!!


そこで今日は、遺言書に記載することで、具体的にどのような意味を持つのかについてお話したいと思います。


どのような意味を持つのか・・・?


例えば、遺言書の中に、家族へ、また大切な人へ向けて、「ありがとう!!」と書いてあったら、どうですか?


「最高の家族、こどもたちだ!!」、「出会えてよかった!!」などと書かれていたら、どうですか?


読んだ方が嬉しい気持ちになると思いませんか!?もちろん、その反面、悲しい気持ちになるかもしれませんが・・・


それ以上に、財産のことで揉めたり、争ったりするなんて嫌だという気持ちになると思いませんか?


みなさんに、質問ばかり投げかけてしまい申し訳ありませんが、


当教室(講師陣)は、そう思います。


自分たち(残された方たち)を思ってくれている人が、自分たちのために残してくれたもので、


揉めるなんて考えたくもないですし、悲しすぎるじゃないですか・・・。


また、実際に、作成される方の気持ち、思いが数行書いてあっただけで、


残された人たちが揉めずに仲良くいられるというケースも本当にあるんです!!


遺言書・・・奥が深いと思いませんか!?


次回は、「遺言書を作ることがなぜ1番いい手段なのか!?」についてお話したいと思います。


GWお出かけになる際は、安全運転で行ってらしてくださいね☆


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-05-02 22:31 | 遺言書マメ知識
「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます。



さあ、世の中はGWでお休みモードになってきてますが、「みんなの遺言書作成・書き方教室」は休みません!!


「みんなの遺言書作成・書き方教室」第8回目、「遺言書を作る目的~パート3~はじめ」についてお話していきましょう~


第5回目のときに、当教室が考える遺言書を作成する目的は、大きくわけて3つあるというお話をしましたよね!


ちょっと、復習で・・・


①「大切な人、大好きな人たちが財産で揉めたりすることを防止するため」

②「残された人たちが、きちんとした判断をすることができるようのするため」

③「作成される方のお気持ちを、家族や大切な人たちに伝えるため」


これらが、3つの目的とされるものでしたね。


今日は、③の目的、「作成される方のお気持ちを、家族や大切な人たちに伝えるため」のお話です!


実は、上記に挙げた目的の中で、この③の目的が1番大切なものだと当教室は考えています。


と言うのも、①②の目的も大切なものですが、


そもそも、遺言書を書く1番の目的って何だと思いますか!?


それは・・・


自分(作成される方)の気持ちを、思いを、残されることとなる大切な人たちに伝えるためです!!


人には、それぞれ、いろんな気持ち、思いがあると思います。


・感謝の気持ち

・愛しているという思い

・残される人たちの今後を心配する気持ち

・・・


当教室は、自分(作成される方)が、何を思い、何を考え、何を伝えようとしているのかを、


きちんと書面にしておくことは、自分だけでなく、残される人たちにとっても、とても意味のあるものとなりますし、


また、1番いい手段だと思います。


では、具体的に、どのような意味を持つのか・・・これについては、次回お話したいと思います。


みなさん、素敵なGWをお過ごしくださいね☆


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-04-30 19:33 | 遺言書マメ知識
「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます。



さて、今日は、「みんなの遺言書作成・書き方教室」第7回目、「遺言書を作る目的~パート2~完結編」をお話したいきたいと思います。


前回、残された人たちは、自分のために相続があったと知ったときから、3ヶ月以内に、


財産を相続するのか、しないのかを判断しなければならないという話をしたのを覚えていますか?


この期間を過ぎてしまうと、全ての財産を相続したこととなり、マイナスの部分があれば、


その部分を自分の財産から補わなければならなくなってしまいます。


うーん、これは非常に厳しいですよね・・・


マイナスの財産がプラスの財産よりも多かった場合、どうするればいいのでしょうか?


「相続放棄をすればいい!!」


その通りです。また相続放棄だけでなく、別の方法もあります!
(別の方法については、後日説明致します。)


では、なぜ相続放棄等をすればいいと考えられるのでしょうか?


それは、どれくらいプラスの財産があって、マイナスの財産がどれくらいあるのかを、


遺言書によって知ることが出来たからじゃないでしょうか。


もし、遺言書に何もその様なことが書かれていなかったら、遺言書自体がなかったとしたら、


残された人は、判断出来ないと思いませんか・・・?


そして、ここでプラスαのひと言メモです!!


相続するかどうか判断するまで3ヶ月あるなら、その間にどんな財産があるのかを調べればいいんじゃないか!?


と思われる方がいらっしゃるかもしれません。


これに関しては、私たち専門家は別として、一般の方たちが、財産調査をして、目録等を作り、


どうするかを判断するということは、時間的にも、精神的にも厳しいのではないかと思います。


葬儀等の準備やその後の対応、四十九日など、あっという間に時間は過ぎてしまいますし、


すぐ気持ちを切り替えて、財産調査を・・・とはならないのではないでしょうか。


ですから、なるべく具体的にどのような財産があるのか等を書いた遺言書を作成することを、


私たちは、みなさんにオススメさせて頂くのです。


次回は、「遺言書を作る目的~パート3~」をお話したいと思います。


いつも、読んでくださりありがとうございます!!


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-04-29 00:24 | 遺言書マメ知識
「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます。



では、「みんなの遺言書作成・書き方教室」第6回目、「遺言書を作る目的~パート2~つづき」についてお話していきましょう。


前回、遺言書を作成する目的の1つに、「残された財産にどのようなものがあるのかを、残された人たちが把握しやすくするため」ということをお話をしましたが、


今回は、その続きで、なぜ、それらを把握する必要があるのかについてです。


毎度のことですが、みなさん、なぜだと思います!?


それは・・・


残された人たちは、自分のために相続が開始されたと知ったときから、


3ヶ月以内に、財産を相続するか、しないのかを判断しなければならないからです!!


この期間を過ぎてしまうと、プラスの財産も、マイナスの財産も全て相続したことになってしまうのです。


プラスの財産しかない場合は、自分の財産が増えるだけですので、特に問題はないと思いますが、


プラスの財産よりも、マイナスの財産の方が多かったらどうでしょうか・・・?


その場合、自分の財産からマイナスの部分を補う必要が出てきます。


これは、とても厳しいことになると思いませんか・・・?


次回は、「遺言書を作る目的~パート2~完結編&プラスα」についてお話致します。


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-04-26 01:23 | 遺言書マメ知識
「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。
watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます。



では、「みんなの遺言書作成・書き方教室」第5回目、「遺言書を作る目的~パート2~」についてお話していきましょう!!


まず、はじめに「横浜の遺言書作成・書き方教室」が考える遺言書を作る目的は、大きく分けて3つあります。


3つ・・・!?、みなさん、なんだと思いますか?


それは、


①「大切な人、大好きな人たちが財産で揉めたりすることを防止するため」

②「残された人たちが、きちんとした判断をすることができるようのするため」

③「作成される方のお気持ちを、家族や大切な人たちに伝えるため」


以上の3つです!!


今日は、②の目的について少しお話致します。


「残された人たちが、きちんとした判断をすることができるようにするため・・・」


これって、どういうこと?と思われた方も多いかもしれませんが、


残された財産にどのようなものがあるのかを、残された人たちが把握しやすいようにしておくということです。


財産には、不動産や預貯金、車や各種の権利(株券やゴルフ会員権等)だけでなく、


ローンや借入金等も含まれています。


つまり、残された人たちにとって、「プラスの財産」もあれば、「マイナスの財産」もあることになります。


では、なぜ、それらをきちんと把握する必要があるのでしょうか?


この続きは、次回にお話したいと思います。


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-04-24 22:43 | 遺言書マメ知識
「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。


watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます



こんばんは。「みんなの遺言書作成・書き方教室」第4回目、「遺言書は必要ない!?」についてお話していきましょう!!


前回(第3回)、「遺言書は、なぜ書くのか?」についてお話しましたが、その話を聞いて、みなさんは、どうでしたか?


・「遺言書、作ってみようかな・・・」と思った人、

・「専門家の相談してみようかな!?」と思った人、

・「うーん、遺言書、自分の場合は必要ないかな!」と思った人、


それぞれが、いろいろなことを考え、いろんなことを思ったんじゃないでしょうか。


今日の話の中心は、上の例の3人目の人のように思った人に特に聞いてほしいと思います。


「遺言書を作成しましょう!!」、この言葉をよく聞く反面、


「自分の場合は、遺言書なんていらないよ!!財産もそんなにたくさんあるわけではないし・・・」、


という言葉も、よく聞きませんか?


「財産も、そんなにたくさんないし、家族もみんな仲が良いから」


「家の子達は、揉めることなんてないわよ!っと、奥さんも言っている」


「だから、わざわざ遺言書なんて作らなくたっていいよ」


そう思われた方は、少し注意が必要かもしれません!!


実は、そういって対策をしなかったケースの方が、後に揉めることとなってしまうことが多いんです・・・。


誰から見ても、仲の良かった兄弟が、財産をめぐって争ったり、それを機に連絡を絶ってしまうなどということが本当に多く起きています・・・


これは、悲しいことですが、事実です。


では、そんなとき、遺言書があったら、どうでしょうか?


揉めることなどなく、円満に話し合いをすることができる可能性は、かなり高くなると思いませんか?


ぜひ、みなさんも改めて考えてみてくださいね。


次回は、「遺言書を作成する目的」についてお話したいと思います。


いつまでも、仲良くいられるように・・・では、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-04-22 22:04 | 遺言書マメ知識
「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。


watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます。



さあ、「みんなの遺言書作成・書き方教室」第3回目、「遺言書は、なぜ書くのか?」についてお話していきましょう!!


前回(第2回)のお話のときに、今日のテーマであるこの質問に対する答えを、少し考えてくださいねとお伝えしましたが、


みなさん、考えて頂けたでしょうか!?


遺言書・・・なぜ、書くのでしょうか・・・


「大切な人、大好きな家族が揉めたりしないように!!」っと、思った方、その通りです☆☆☆


誰だって、自分がいなくなった後に、残された家族や大切な人たちが、


自分の残した財産のことで揉めているなんて嫌ですよね!?


揉めているだけならまだしも(もちろん、それだけでも、嫌ですが)、


それを機に、一切の連絡を絶ち、バラバラになったなんてことになったら、


悲しいですし、そんなことを望む人はいないはずですよね・・・


もし、事前にきちんとした対策を採っておくことによって、


大切な人たちが、いつまでも仲良くいられるとしたら、どうしますか?


私なら、「遺言書をつくります!!」と、はっきり言います。


みなさんは、どうでしょうか!?


次回は、「遺言書は必要ないって本当なの!?」について、お話したいと思います。


いつまでも笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-04-22 01:08 | 遺言書マメ知識

遺言書って・・・

「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な悩みや不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください。


↓↓無料メール相談受付中です。


watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスとなりますので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずにおっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます。



さあ、それでは、「みんなの遺言書作成・書き方教室」第2回目、「遺言書のイメージ」についてお話していきましょう!!


「遺言書」・・・この言葉を聞いたり、見たりしたとき、みなさんは、どんなことを思われますか?


・「遺言書なんて縁起でもない!!」と思ったり、

・「死を考えるようで、嫌だ・・・」と思ったり、

・「残された家族が心配だな・・・」と思ったり、


人それぞれ違いはあると思いますが、いずれにしても、「あまりいい印象はない」と言った声が多く聞こえてくる様な気がします。


そうなんです・・・「遺言書」、この言葉自体は、結構多く聞いたりする様になってきましたが、


まだまだ、そういったイメージが強いようなんです。


では、ここで、もう1つ、みなさんに質問です!!


「なぜ、遺言書って書くのだと思いますか?」


あまりいい印象のないものを、


「どうして専門家に頼んでまで作成しようと思う方が増えてきたのでしょうか?」


あまり深くは考えなくていいので、


次回までに、少し考えてみてくださいね。


いつまでも、みんなが笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-04-20 21:41 | 遺言書マメ知識
「みんなの遺言書作成・書き方教室」のページをご覧頂き、ありがとうございます。


当教室では、遺言書作成の専門家である行政書士たちが、


皆様の抱える様々な疑問や不安な気持ち、また必要となる手続等まで、


どんな小さなことでも、親身になって対応させて頂きますので、お気軽にご連絡ください!!


↓↓無料メール相談受付中です。

watanabe@tubasa-gyousei-office.com


上記メールアドレスは、代表アドレスでので、ご相談内容に応じて、担当メンバー(講師)をご紹介致します。なお、担当メンバーその他ご希望等ございましたら、ご遠慮なさらずに、おっしゃって頂けますと幸いです。
可能な限り、対応させて頂きます。



さて、各メンバー(講師)の挨拶も済みましたし、今日は、記念すべき第1回目ですので、当教室がどんなことを考え、どう活動していくのかを、簡単にお話したいと思います。


「みんなの遺言書作成・書き方教室」というくらいですから、遺言書の作成方法や書き方はもちろんのこと、


遺言書の大切さや、必要性、各種遺言書の特徴やメリット・デメリットを、


みなさんに、わかりやすく、丁寧に、直接お話ができればと思っています。


また、無料相談会等を開き、どなたでも、気軽に質問をすることができる、そんな環境を目指します。


「そもそも遺言書って必要なの?」、「遺言?相続?全然わからないんだけど・・・」


そんなご質問も大歓迎です!!


無料相談会等、イベントのお知らせも、詳細が決まり次第お伝え致しますので、


ぜひ、ご参加ください。参加特典もありますよ☆


みんなが笑顔でいられるように・・・それでは、また~
[PR]
by yuigonsho | 2010-04-20 01:20 | 遺言書マメ知識